教会だけじゃない!色んな挙式スタイルで夢を実現

神前式も有名な方法の一つ

日本で最近行われている結婚式の挙式スタイルとして一般的なのがチャペル式です。教会を借りて神父に聖書を読んでもらい、祝福してもらうという形で執り行われていきますが、これがスタンダードというわけではありません。これはあくまで西欧で行われてきた挙式スタイルであって、これにこだわりを持つ必要はないのです。日本でどのように挙式が行われてきたかを考えてみると神前式を行うこともできます。ウェディングドレスに身を包むよりも和服で挙式したいと考える人もいるでしょう。それがピッタリと合うのが神前式であり、和装を好む人にとって有力候補になります。もっと奇抜な挙式をしたいと考えたら世界的にどのような結婚式が行われているかを調べてみるのも良いでしょう。

自宅でもできる結婚式

あくまで西欧や日本を代表として各国で行われている挙式スタイルはモデルでしかありません。結局は結婚式は二人が夫婦として結ばれて新しい家庭を作り上げていくための儀式なので、自分たちなりに考えて全く別の方法を選ぶこともできます。典型的な方法として自宅で結婚式を挙げるというのもだんだんと選ばれるようになってきたものです。神父などを読んで自宅で儀式を行うという場合もありますが、それすらもせずに二人からの結婚報告と食事会というだけで済ませることも少なくありません。もっと自分なりの発想を盛り込んだものにしたいと考えたらウェディングプランナーに相談すると屋外での挙式なども企画してもらうことができるので考慮してみましょう。